篤姫をめぐる男たち

 今夜、KHK大河ドラマ「篤姫」が終わった。久々に最後まで観た。ひとつは私が鹿児島出身であり、前から篤姫には関心があったこともあるが、全国的にヒットしたのは嬉しいことであった。宮崎あおいがよかった。
 この篤姫であるが、このドラマのせいか、間違った日本史といった関係の特集が多く組まれた。勝海舟とは、最後まで良く付き合っていたが、どうも愛人であったという説がある。実際、篤姫からのラブレターが残されていたようだ。彼女は「うつけ者」と言われた家定と結婚したが、ドラマとは違って、多分、夫婦関係はなかったであろう。それが一般の歴史では当然と思われている。実は「うつけ者」ではなかったとしたのは、宮尾登美子なのか、脚本家なのか分からない。
 さらに幼馴染であった、小松帯刀とは互いに親愛の情が一生続いていたように描かれていた。これは実はどうだったのか?ドラマとしては非常にうまく行っていた。二人の間に恋愛感情があったのかどうか、気になるところである。
 他の日本史関係の特集で、家定の次の将軍・家茂を実は篤姫が毒殺したというものがあった。しゃれこうべが残っていて、水銀系の毒薬が盛られた後が黒く残っていた。もし毒を長い間盛っていたとしたら、それをできるのは篤姫しかいなかったというのが、その説であった。何ともはや・・・。
 真実はどこにあったのか、今は分からない。しかも皇女 和宮の替え玉説もあった。
 しかしこの文を書いた人に私も共感したい。家茂との間に愛も芽生え、わずかのきかんではあったにせよ、一生懸命生きた人生であったと信じたい。
 篤姫も49歳で亡くなった。昔はみんな短命である。小松が36歳。側室の三木琴が帯刀を看取り、26歳で亡くなっている。彼女は2人の子供を産んでいる。長男が正妻の千賀に育てられ、小松家の跡取りになっている。
 とにかく歴史は面白いものだ。篤姫は西郷、大久保、勝、龍馬、小松などなど、当時の一級の男たちと出会っている。そのことだけでも、素晴らしい人物であったと思われる。

ぽちっと応援お願いします。
 にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
スポンサーサイト

theme : 歴史上の人物
genre : 学問・文化・芸術

小松帯刀と琴

 やはり皆さん、この前突然出てきた小松帯刀の芸妓の琴の存在が気になるようです。私が早速見たウィキデペアは、内容が消され、琴について知っている方は書いてください、という文章も消えました。恐らく小松家の親族の仕業かと考えられます。
 ということで、やはりみんな週刊誌的に関心はあるようです。たとえば、以下のページがありました。消される可能性もありますが。
小松帯刀とお琴

 これはインフォトップで現在1位の商品です。この大暴落の中でも利益を出したつわものです。
17ヶ月無敗の最強システム!ドリームゲート


↓クリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ



theme : 篤姫
genre : テレビ・ラジオ

クリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ 人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
世界平和
世界人類が平和でありますように
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
フリーエリア
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード