映画「The 4th kind」の衝撃

 映画「The 4th kind」を観た。「フォースカインド」でも検索できると思う。これはかつて円盤との第4種接近遭遇と言っていたものであろう。こんな時代になると、とうとう東京の赤羽にも姿を現わしたという。
 実際上で言えば、肉眼に見える状態で現れたということである。
 というのも、見える人にとっては、通常の肉眼でなくても見えるそうであるからである。
 とにかく、上のビデオは、実際の映像であるところがすごい。
 アメリカでは「Knowing」など、宇宙人が選ばれた人を地球から宇宙へ連れ去る映画も多々ある。地球はこのままでは、危機的な状況にある。それで、進化した人類(子どもの場合もある)を宇宙の安全な場所へ連れていくものらしい。
 また、有名なスピルバーグは、「Taken」というドラマを撮っている。スピルバーグまで、というのに驚いた。今度観てみたい。takenとは連れ去られるとか、拉致と訳されようか?拉致は北朝鮮のイメージがあるから、とにかく、宇宙へ連れ去られる人々が増えているらしい。昔の神隠しもtakenの可能性があるのだ。
 とにかく、takenされた人を実際に催眠へ入れた実像を観ていただきたい。私は非常に怖かった。1つには、私の抑圧した記憶にtakenがあったら、耐えられないだろうなあということである。
 しかし体外離脱体験の研究で有名な、坂本政道氏によると、宇宙人にも邪悪なものから、高級神霊のような存在までいるらしい。邪悪な者の場合、恐怖感を煽るような実験などを行う場合が考えられる。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ


スポンサーサイト

theme : 自由への道程
genre : 学問・文化・芸術

クリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ 人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
世界平和
世界人類が平和でありますように
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
フリーエリア
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード