有村架純は『ビリギャル』宣伝に奔走、能年玲奈は母親とお散歩……GW中も“あまちゃん女優”の明暗くっきり

ブレーク中の女優・有村架純が、6月24日放送のスペシャルドラマ『永遠のぼくらsea side blue』(日本テレビ系)で地上波初主演を務めることがわかった。

 同作は、大学生7人の青春群像劇。共演に山崎賢人、成海璃子、東出昌大、窪田正孝ら実力派俳優を揃えており、ネット上では早くも「出演者が豪華!」「おもしろそう」といった声が相次いでいる。

 有村といえば、嵐・相葉雅紀主演の“月9”『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)に出演中のほか、1日には主演映画『ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』が公開に。ここ最近は撮影と並行するように、プロモーション活動に奔走していた。

 現在、ほぼ休みなしで働いているという有村だが、5日に「GW楽しんでますか?」という書き出しで投稿されたブログでは、「取材や番組などでたくさん宣伝させてもらう場を設けていただき、試写から本当にたくさんの方がビリギャルを見てくださいました」「昨日はようこそ、わが家へ4話でした」と、仕事の告知で終始。売れっ子らしい日々がうかがえる。

 一方、『あまちゃん』で主演を務めた能年玲奈は、3日と5日のブログで、ゴールデンウィーク中に母親が兵庫から東京に来ていることを報告。母親は能年の自宅で家事をしているといい、母親お手製のハンバーグや大根サラダの写真を公開。さらに、親子で公園の散歩を楽しんだようで、親子で寄り添って歩く後ろ姿の写真を公開。この写真の撮影者は不明だが、「ゴールデンウィーク、にぎやかで楽しい」「ママと。楽しかった~~。皆なさんは、ゴールデンウィーク楽しみましたか?」(原文ママ)などと綴っている。

 これにネット上では、「一般人より暇そう」「大人の人、能年ちゃんに仕事をさせてあげて!」「お母さん、心配して東京に飛んできたのかな?」といった声が上がっている。「所属事務所に無断で個人事務所を立ち上げたことが話題となっている“洗脳騒動”渦中の能年ですが、『あまちゃん』以降の目立った出演作品といえば、映画2本と、1年以上前に放送されたドラマ『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)くらいのもの。また、昨冬に能年がイメージキャラクターを務めたパルコの広告も、現在は『ビリギャル』とのコラボを実施。東京・渋谷のパルコは、有村一色となっています。有村の主演作はこれからも増えるでしょうから、洗脳騒動で活動がままならない能年との差は、ますます広がるばかりです」(テレビ誌ライター)

 『あまちゃん』ブーム以降、可能な限りオファーに対応し続けてきた有村と、不自然なほどに露出を控えてきた能年。“あまちゃん女優”の明暗は、今後さらにはっきりしそうだ。
スポンサーサイト
クリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ 人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
世界平和
世界人類が平和でありますように
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
フリーエリア
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード