犬を飼う日々

 私は、幼い頃から、高校生くらいまで、犬と生活していた。父が猟犬を飼っていたからだ。しかしたまにしか撫でなかった。今のペットみたいに綺麗にしていなかったので、撫でると、手が臭くなるからだ。
 たまに父親が野うさぎや野鳩を取ってきた。たまには雉もいた。雉はおいしいさしみになった。イノシシをもらってきたこともあった。イノシシもそんなに臭くなかった。臭いと言われていたが、父の料理が良かったのだろう。
 途中から血統書付きの犬を買ってきた。すると、うさぎを毎回のように取ってくるようになってきた。その犬自身が猟犬の大会で、準優勝したこともあった。それからは、行くたびにうさぎを取るのが当たり前になった。
 この犬はメスであったから、オスと交尾させて、また新しい子犬が生まれた。その子犬も立派な親犬の子であったから、欲しがる人が多かった。猟犬仲間で1万円くらいの安さで譲っていたと思う。
 その犬が生まれる夜は、空気が新鮮な雰囲気がしていた。いよいよかわいい子犬が生まれるとなると、心が踊った。なかなか眠れなかった。朝起きると6匹の子犬が生まれていた。親犬の乳房にぶらさがっていた。親犬はなすがままにしていたが、食事の時は、面倒そうな様子をしていた。とにかくだいぶ疲れていた。子犬は元気で、生まれたばかりなのに、元気なのや臆病なのやいろんな性格を持っていた。
愛犬にお勧めのサプリメントです。
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

人生を豊かにするために必要な1つのこと。

少しだけでもいいので時間をください。
お金がなくて昔から辛いことばかりでした。
私の人生は、ある方法で、がらりと変わりました。
ただ連絡するだけで、あとはどうすればいいか指示してくれました。
すぐに裕福になれる方法があります。
絶対に知りたいという人だけに教えます。
もし知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてください。
禁断の秘密をメールもらえた人だけに教えます。
クリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ 人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
世界平和
世界人類が平和でありますように
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
フリーエリア
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード