正月は箱根駅伝から

 1月2、3日は駅伝を観て過ごした。朝7時からではなく、8時か9時に起きてから観た。初日の早稲田の追い上げはすごかった。なんと青山学院に33秒差に迫った。早稲田の逆転はあるか?翌日、8時半頃観ると、すでに青山が差をつけて走っていた。やはり力はあるんだなあ。逆に早稲田に復路の選手を持っていたら、勝てたろうか?この早稲田も最後にはあの連覇していた東洋大学に抜かれて、東洋未だ健在を見せてくれた。今回は青山が区間賞を独占できなかった。いろんな大学が取り合っていた。幻の区間賞まで関東大学連合のひとが取るほど荒れていた。しかし結局は青山が3連覇。総合力で強かったと言えようか。区間上位で占めたが、危ない区間もあって、それを補い合えた結果だ。比較的1万mの選手で上位者が多かったのも優勝した原因だ。粒ぞろいに近い選手を集めていたからだ。来年はまたどうなるかわからないが、高校生の実力者を集められたのも大きいだろう。絶えず新陳代謝しているからこそ、新人の発掘が大事である。何かをしながら、観ているとあっという間に順位が変わっていたりした。どこの大学にも群を抜いた選手が1人いると、面白いほど順位が上がっていて、驚かされた。


関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

クリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ 人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
世界平和
世界人類が平和でありますように
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
フリーエリア
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード