ビジョン

ビジョン

 彼は夢を自由に観る能力を得た。どういった夢かと言えば、人は笑うかもしれないが、競馬の勝ち馬を観ることができた。
 彼は相当に競馬が好きであった。なぜなら馬を予想するだけで、予想が当たれば、お金が手に入るからである。ひどく単純であった。パチンコのように時間をかける必要もなく、また一瞬でお金は数倍から数百倍になった。すごくスリリングなゲームであった。しかしそれがゲームであるためには、実際に当てなければならなかった。彼は何度も負けた。そして、夢で観れるようになった時には、これで一生自由だと思った。自由に生きていけると。彼はなぜ夢で観れるようになったのか、それは肝心なことであった。しかし彼はその大事なことは決して語ろうとはしなかった。夢や夢の成り立ちを語れば、もう決してそんな夢を観ることはできなくなるだろう、彼はそう語った。
 それで、その夢で観た内容も言ったらいけないのか、と聞いたが、その通りだと告げた。つまり予想を他人に伝えると、夢を観ることはできなくなるようだ。考えてみると、多くの人が知るようになると、確かにオッズ(賭け率)自体が下がってしまうのである。また、他人の運命も変えてしまうことになるだろう。
 彼は最初のうちは、100万馬券に1万円賭けたこともあった。しかしそのうち、そんなやり方はやめた。目立ち過ぎるのである。馬券は普通、1枚100円単位である。1万円ということは、100枚買うことになる。100万馬券を100枚も買った男が居ることが分かると、充分に週刊誌ネタになるのである。以前、5回連続で単勝に賭けたと推定される男のことが記事になったことがあった。それは5回連続1位を当てたわけであり、全額を投入しているところから考えても、相当に強力な情報があったのかもしれない。情報って何だろう。談合とか八百長について考えたことがあった。しかし私は多分、彼のような能力者がやったことではないかと思うのである。
 ともかく彼はそれ以来、馬連や枠連を中心に買い、たまに3連単を遊ぶで買った。夢で観ることはできるが、前日のうちにレースを絞って、1レースだけ観ることにしていた。そうでないと、こんがらがってしまうのである。どのレースなのか分からなくなり、精度も落ちてしまう。それで1レース決めてから眠っていた。
 とにかくレースの結果が分かっていれば、1点に全額を投入できるので、転がしで買うこともできる。ただ目立たないために枠連や単勝を主に買う。賭け金は大体10万円にしていた。数千円台のレースで数千万円になった。1日それほど勝てば、毎日遊んで暮らせた。最初のうちはこんなに稼いでいいだろうか、と怯えたりしたが、次第に慣れてしまった。マインドが安定したとも言えるだろう。日々の暮らしで、習慣になっているお金の額が決まれば、人は次第にその生活に慣れてくるようである。

関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

クリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ 人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
世界平和
世界人類が平和でありますように
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
フリーエリア
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード