福島原発事故、最悪「レベル7」と保安院発表 チェルノブイリ並み

 福島原発の評価基準を、原子力安全・保安院はチェルノブイリ級のレベル7に引き上げた。東電は何かを隠していると言われ続けてきたが、ここに来て、本当のことを言わざるを得なくなったのか?以下に産経新聞の記事を載せます。

産経新聞 4月12日(火)11時3分配信
 東京電力の福島第1原子力発電所の事故で、原子力安全・保安院は12日、国際的な基準に基づく事故の評価を、最悪の「レベル7」に引き上げると発表した。これまで暫定的に「レベル5」としていたが、原子炉や使用済み燃料プールの冷却機能が失われ、広い範囲で人の健康や環境に影響を及ぼす大量の放射性物質が放出されていることを重視した。「レベル7」は、旧ソ連で1986年に起きたチェルノブイリ原発事故と同じ評価。

 福島第1原発から大気中に放出された放射性物質について、原子力安全・保安院は37万テラベクレル(1テラベクレル=1兆ベクレル)と推定。原子力安全委員会は63万テラベクレルとみており、数値は異なるが、いずれもレベル7の基準である数万テラベクレルを大きく上回る。

 原子力施設で起きた事故は、原子力安全・保安院が、原発事故の深刻度を示す「国際評価尺度(INES)」に基づいて、レベル0から7までの8段階で評価している。

 保安院は、福島第1原発の1号機から3号機について、先月18日、32年前の1979年にアメリカで起きたスリーマイル島原発での事故と同じレベル5になると暫定的に評価していた。ただ、これまでに放出された放射性物質の量がレベル7の基準に至ったため、評価を見直すことにした。

【関連記事】
・「チェルノブイリ」「スリーマイル」との違いは?
・チェルノブイリ原発事故 25年経て消えぬ不安
・「どの面下げてパフォーマンス」東電社長に憤る福島県民
・原発処理、もう米国に頼みたい
・原発事故に“便乗”パーティー 民主・小泉議員

最終更新:4月12日(火)11時22分

産経新聞








関連記事
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

福島原発事故、最悪「レベル7」 チェルノブイリ級に  放射線モニタリングの機関のサイト紹介

さてと・・・・・。 今日は何の日で しょう。 「子どもを紫外線から守る日」 です。 4(よ)月、1(い)2(ふ)日、 「良い皮膚(よいひふ)」 だからということ。 4月はまだ紫外線の 量は少な...

comment

Secret

クリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ 人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
世界平和
世界人類が平和でありますように
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
フリーエリア
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード