女性が愛玩動物であった時代

 女性が愛玩動物であった時代、もしくは場所があったらしい。それはかなり古代のある地域らしいのだ。しかし男性にとっては、心の中では相変わらず女性は愛玩動物に見えるのではないだろうか?社会の規制があるから、それを表に出すわけにはいかないが。
 愛玩動物として、性の愛玩にしたのなら、本当に自分勝手なことである。でもそれが当然の時代だったら、家族の親とかはかなり悲しまないだろうか?
 まず、そういう時代があったこと自体が不思議だが。これはある人の前世の物語の本で読んだことである。
 女性とうまく付き合えない人にとっては楽で気ままだっただろうが、やはり自分が女性であったら、相当に屈辱であっただろうなあ。
 しかし現代でも、中国の農村部の方や、発展途上国(今でも使うだろうか)の人々の中で、お金持ちの50,60歳のおじさんのところへ嫁にいかされる10代、20代の娘が居る。
 かつての日本も東北の農村部の人々が遊郭に娘を売らざるを得ない時代があったのだ。その点では民主的で豊かになったのであろう。しかしあまりにも結婚しない人やできない人々が増えている。それは近代的な性の安売りの代償なのだろうか?しかし個人にとってはそうも言っていられない。



合格の方程式






関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

クリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ 人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
世界平和
世界人類が平和でありますように
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
フリーエリア
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード