異人たちとの夏

 久々に山田太一の「異人たちとの夏」を観た。1988年の作品だ。懐かしい昭和の雰囲気だ。今から考えると、本当になつかしき良き日々であった。風間杜夫が若かった。片岡鶴太郎と秋吉久美子が味が出ていた。まだみんな若かったんだなあ。考えたら1988年は昭和の最後の年なのだ。正確には1989年1月に天皇陛下が亡くなられて、1989年は1週間だけあったと思う。
 また名取裕子の綺麗な妖艶な姿には心惹かれる。あの夜、風間杜夫役の主人公が彼女に優しくしていたら、彼女は本当に生きていたかもしれない。彼女も異人であることが分かった。
 風間がまだ12歳の頃、両親は2人乗りで自転車に乗って、交通事故で死んでしまった。久しぶりに浅草であって、ものすごい郷愁に襲われる風間。気持ちが濃厚に伝わってくる映画であった。

Re:今日!たった1000円でSEXする方法【アクセスから3日間限定販売】

関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

クリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ 人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
世界平和
世界人類が平和でありますように
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
フリーエリア
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード