長かった夏

 8月28日に羽田空港から鹿児島へ行った。娘と羽田で待ち合わせて乗った。鹿児島へは、親宅に1泊、弟宅に1泊した。弟には気を使わせてしまった。田舎へ帰って、苦労していると思うが、彼自身には合っているようだ。翌日、バスで博多へ向かった。1900円と安かった。弟の息子も大学へ帰るために同乗した。途中10分しか休みがなく、3時間10分で到着するのが早かった。妻の両親宅に長く泊まったが、学会が9月2-4日まであった。自分も20年間住んでいた懐かしい福岡である。また帰ってきたいものである。T君はリンパマッサージをしながら暮らしている。すごい激戦の地域なのに、生き延びているのがすごい。1時間弱しか話せなかった。A君は、父親に末期癌が見つかって、会うことはできなかった。家内の母親が近くのたいまつの燃えた居酒屋へ行こうというので、行ってみたが、なかなか良かった。新鮮な魚介類に隠れ家のような作りが良かった。家族連れが多かった。学会の初日、会場で疑問があったら、1番目に手を挙げた。最初に手を挙げる人が少ないからだ。もったいない時間である。当日、夜は自主シンポへ参加するのをやめて、カイロをやっているS君と飲みに行った。彼が1万円、私が5200円くらい払った。特別な料理であった。イムズの13階にある店だった。久々のイムズであった。
 2日目に後輩の発表を聞いたが、面白かった。マインドフルネスという技法に興味が湧いた。意外と質問が少なかったのが残念だった。質問をしないで聞くだけの人が多い。
 夜、懇親会が1000円だった。この学会は潤っているので、安い。その後、T先生の集まりに行った。懇親会でも飲んだし、そこでもロックでだいぶ飲んだのだろう。T先生研のNさんは懐かしかった。神戸のMさんとは2002年の学会で意気投合したらしい。全く覚えていなかった。何かの間違いではないだろうか?またK大のH先生とも久々に会った。兄貴のカウンセラーをしていた方で、いろんなところで縁があった。帰宅したのが、タクシーで1時半ごろだった。
 翌日は、それこそ脳が痛かった。こんなのは初めてであった。11時発の飛行機なので、仕方なく起きだして、昨日から来ていた妻の妹とは碌に話ができなかった。
 それ以外に山口のO君とは何度も会えた。私が最初に赴任した短大に長く居るTさんとも話せた。レフリー論文を出すことにしたそうで、えらい。どうにか他の大学へ出るつもりでいるようだった。ほぼ話をしなかった人や挨拶だけの方も居た。
 脳が痛かったのは、3日連続のみ続けたからだろう。歳もあるかな?娘は生まれた頃の自宅を見たり、公園へ行ったようだ。小学校1年で離れたので、かわいそうであった。



関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

FX、証券ブロガー必見!
継続型報酬アフィリエイトサービス「A9ドッと混む」を開始しました。
今すぐキックバック収益を得たい!という方は、こちら→(http://www.affiliate-a9.com)
クリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ 人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
世界平和
世界人類が平和でありますように
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
フリーエリア
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード