芥川賞を読む

 村上春樹の作品なら、その良さがすぐわかるのだが、田中さんの「共食い」読んだが、石原慎太郎氏が言っていたように、小説の中身はこれからというところで、ぶつっと終わる。もう少し長い方がいいだろうなあと思われた。芥川賞特有の感じはする。こんなんでいいのか、と思うが、なかなか書けない、その辺の微妙なところに作者の力があるのかもしれない。
 
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

クリックお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ 人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
世界平和
世界人類が平和でありますように
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
フリーエリア
人気ブログランキングへ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード